ニューボーンフォト研修/現場撮影

前回の記事<ニューボーンフォト研修in東京>の続き。

ニューボーンフォトの研修2日目は実際の撮影現場での撮影です。

 

実際の撮影現場に立ち会いどのような流れで撮影を行っているか、ポージングをどような方法で行っているかなどを含め学びます。

 

最近は、 Web上で実技などを学べることも増えている中でネットを通して学ぶのではなく、こうしてその場の空気感を含め体感して学ぶということ、リアルな現場を感じることがこのニューボーンフォトの撮影に関しては特に重要なことだと感じます。

 

赤ちゃんやママとの接し方、生まれたてのデリケートな赤ちゃんどう心地よくして撮影に挑むか、赤ちゃんの扱い方やママとのコミュニケーションの取り方などはリアルな場でこそ深く学べることだと。

ニューボーンフォトのポージングも色々種類があるのですが、海外のフォトグラファーさんが行っているような独特なポージングを見よう見まねで知識がない状態で行うのは大変危険。

 

検索すれば可愛いポージングやどうなっているの?というようなお写真もたくさん出てくると思うのですが、赤ちゃんの身体の特徴やポージングの方法、編集技術を学び理解した上で行っていかなければいけませんね。

 

2日間で安心安全な撮影、撮影の流れやポージング方法などたくさんのことを学びました。

 

撮影をご依頼下さるご家族に安心して撮影を任せていただけるよう、務めてまいります。

mamas hands

広島県福山市
ニューボーン・ベビーフォトサロン
mama's hands (ママズハンズ)